銀河小学校 in 京都
〈 新しい時間 13の月の暦    を学び、遊ぶ会 〉

1年半ぶりに京都で銀河小学校を開きます。
まず始めに今回企画していただきました青木さんからのご挨拶。

☆ー☆ー☆ー☆ー
KIN142白い水晶の風の日(2019年3月16日)日本で13の月の暦をデザイン、発行して下さっているこよみ屋さんの倉元孝三さんをお招きして、マールリアンさんとhoi hoiサロンの共同主催により、13の月の暦の入門編である「銀河小学校」を開催することになりました。

13の月の暦はこれからひまわり銀河人類として、自分をめいっぱい輝かせて生きたい方にはとてもオススメのツールです。

既にワクワクを受信してしまった貴方、ぜひチャンスをお見逃しなく♪

☆ー☆ー☆ー☆ー

「13の月の暦」は、ホゼ&ロイディーンによって、1990年に考案された新しい時間のカレンダーです。これは古代のマヤ暦と、銀河のマヤの時間の知恵が、ホゼ博士のヴィジョンの中で融合し、現代の私たちにもたらされた「銀河の贈り物」です。

「13の月の暦」を使うと、心と体の調子が調えられ、自然のリズムが甦ってきます。するとたくさんのシンクロが起こり始め、自分のリズムに乗って生きることが出来るようになります

時間のビッグウェイブに乗るのは「今!」です。 こよみ屋の銀河小学校で「13の月の暦」の使い方を習得し、楽しく生活に活かしていきましょう♪

初心者向けの勉強会です。
手帳、カレンダーは持っているけど・・・?
と戸惑ってる方も是非。
この一日できっとスッキリします\(^O^)/

みんなでステキな時間を創りましょう♫

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
日 時:2019年3月16日(太陽の月10日)
    Kin142 白い水晶の風
    11:00 〜 16:00
場 所:浮島ガーデン
    京都市中京区
参加費:8000円
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<授業内容>
・なぜ今「13の月の暦」を使うのか
・暦の成り立ち、意義、仕組み等
・「13の月の暦」の見方、使い方、楽しみ方
・銀河ツールについて(手帳の巻頭ページ)
<教材>
・「13の月の暦」の手帳、カレンダー、『新しい時間』、ドリームスペル等、お持ちのものをご持参ください。

★★ お申込方法★★
facebookのイベントページで申し込む
facebookを見れない方は、氏名、ご住所、電話番号、銀河の署名(分からいない方は生年月日)、使用歴(初心者 or 何年)、を明記の上、企画の青木さんまでメールでお申し込みください。

新しい時間の冒険にご興味ある方のご参加を、心よりお待ちしております。

こよみ屋 倉元孝三

■「13の月の暦」トップページへ
銀河小学校 時間を学ぶ会 13の月の暦 & ドリームスペル